08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■銀盤カレイドスコープ Vol.5 ルーキー・プログラム:Candy candy all my rules(海原零)

2005.10.05 03:40|感想
銀盤カレイドスコープ〈vol.5〉ルーキー・プログラム:Candy candy all my rules (集英社スーパーダッシュ文庫)銀盤カレイドスコープ〈vol.5〉ルーキー・プログラム:Candy candy all my rules (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2005/09)
海原 零

商品詳細を見る

 久しぶりに桜野タズサらしいところを見せてくれたな、という感じ。やっぱりタズサはすげぇな、と(笑)。いやほんとにスポーツモノでここまで憎たらしい主人公も稀ですよねぇ(最高に褒めてます)。ストーリー的には世界選手権に向けてタズサの実力の再確認と、次巻への伏線というか溜めというか下準備。プラス、新キャラの顔見せという内容に。キャンドルについては、あまりに分かり易すぎるキャラのためにストーリーは丸分かりでしたが、さすがに彼女がタズサのライバルキャラという位置にはいかないと思うので、彼女が今後どういう位置づけになるのかはちょっと気になるところ(まさかヨーコのライバルキャラへの伏線じゃあるまいな)。
 しかしまあ肝心の、世界選手権までのお膳立てはこれで揃ったハズ(?)なので、あとはここからどこまで盛り上げてくれるかですな。終わりよければ全て良し、結局『蛇足の続編』なんて言われないようにして欲しいところですが。

 それにしても今回、タズサが自分の恋心について断言したのはいろんな意味で複雑ですなあ。ピートのことを考えればそれしか無い選択なのかもしれないけど、これはこれで不憫すぎる。ピート復活は有りえないのかなぁ。


・シリーズ感想
銀盤カレイドスコープ

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

コメント

非公開コメント