09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■先輩とぼく 2(沖田雅)

2004.08.17 18:00|感想
先輩とぼく〈2〉 (電撃文庫) 先輩とぼく〈2〉 (電撃文庫)
沖田 雅 (2004/06)
メディアワークス
この商品の詳細を見る

 んー、今回も面白かったです。笑いのインパクトでは1にはやや劣りますが、なんでもアリの雰囲気は変わってなくて良し。いや、正直宇宙人やら幽霊やらの登場よりも、電柱の上に颯爽と現れる爺ちゃんのほうがある意味ファンタジーというかなんというか。大好き。
 相変わらずまったりとアホな世界感と奇人変人なキャラクターを楽しむ小説ですけど、短編のような形式をとりつつ、一応それなりに伏線張って、最後でキチっと締めてくるんで、意外と気は抜けません。←なんて、言うほどのものじゃないですけど、おバカな設定のわりにはラストは爽やかなんだよなぁ。ほんと、この雰囲気は今後も大事にしてもらいたいです。


・シリーズ感想
先輩とぼく

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

コメント

非公開コメント