箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■All You Need Is Kill(桜坂洋)  

ALL YOU NEED IS KILL (集英社スーパーダッシュ文庫)ALL YOU NEED IS KILL (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2004/12)
桜坂 洋

商品詳細を見る

 同作者の『よくわかる現代魔法』は未読ですが、安倍氏のイラストに、謎の生物相手に機動ジャケット(パワードスーツ)で戦うという設定と、時間ループという今までに無い組み合わせに、思わず手を出してみましたが、これがなかなか面白かったです。まあ、SF設定の見せ方はちょっと中途半端で読み込むほどに?と思うところも所々あるんですが、構成の上手さとストーリーの流れの面白さで相殺できるかなぁ。キャラクターも数は少ないものの必要最低限という感じにまとまっていて良かったかと。一度にあまり複数登場すると読みづらくなりそうな書き方だしね。
 決して晴々した気持ちにはなれないけど、妙に心に残るやるせないラストの余韻が秀逸。出来れば最後の戦闘はもう少し描写が欲しかった気もしますが。

 しかし、読んでいる最中にゲームでいうところの”ミス→コンテニュー”という感じは頭に思い浮かばなかったり。なぜだ…。
 あとカバーがカッコイイ! 絵師さんの信者という贔屓目もありますが、シンプルなタイトルロゴと合わさったデザインがグッド。

Posted on 2004/12/25 Sat. 15:50 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/247-35c339ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top