箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■老ヴォールの惑星(小川一水)  

老ヴォールの惑星 (次世代型作家のリアル・フィクション ハヤカワ文庫 JA (809))老ヴォールの惑星 (次世代型作家のリアル・フィクション ハヤカワ文庫 JA (809))
(2005/08/09)
小川 一水

商品詳細を見る

 小川氏の短編集ということで、小川氏らしい一味違ったSF短編が4本。一風変わった設定で読ませてくれる小川氏ですが、この短編はその読ませる設定部分の面白さが特に(長編と比べると)際立っているな、と感じますね。人間ドラマはサラリと流すくらいでも設定の妙だけで十分に楽しませてくれる、とそんな感じ。
 個人的に好きなのは『ギャルナフカの迷宮』と『漂った男』。特に『漂った男』はストーリー自体は単純なのに一体最後はどういうオチになるのかと、(読みながらも)とにかく先がきになって仕方ありませんでしたね。ラスト3ページ、最後の4行の力の入ること入ること(笑)。いやー実に良かったです。
 小川氏の作品に触れたことのない人はこれから入るのもいいんじゃないかと思わせるくらい良質な短編集でした。

Posted on 2005/09/10 Sat. 01:59 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/218-98430e4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top