箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■2018-3月 ラノベ/漫画 読了   


オーバーロード12 聖王国の聖騎士 [上] 著:丸山くがね
●アインズ様、というよりデミウルゴスによる聖王国攻略開始。部下のシナリオにアドリブで対応を求められる上司、アインズ様。聖王国側によるキャラから見た、強大で偉大なアインズ様の行動が描写されるものの、そのお困りの心情、困惑の状態などがこれまでの積み重ねから容易に想像できるのが面白い。聖王国の悲劇は察するに余りあるものの、ある意味この容赦なさがこの作品の魅力であることが存分に表されていたなあ。
●あと、魔導王国の現状も、外部の人間から見た描写で語られたけれど、想像以上に異文化交流(?)が上手くいっているようで、この方向性で物語が進んでいくのかな。


新米姉妹のふたりごはん4 (電撃コミックスNEXT) 著:柊ゆたか
●絵梨ちゃんの百合百合しさが天井知らずに上がっていって、もうそういう意味でご馳走様ですと言わざるを得ないw


メイドインアビス(6) (バンブーコミックス) 著:つくしあきひと
●地獄の死者のようなボンドルドを倒して突入する地獄の底はいったいどのような場所か・・・いや、予想外すぎるでしょこれw 不思議空間に不思議ななれ果の住人たち。謎が謎を呼ぶキャラクターたちの登場で、ここからさらに何が待ち受けるのか、さっぱり分からない展開に突入してきた。


ばらかもん(16) (ガンガンコミックスONLINE) 著:ヨシノサツキ
●結構前から触れてきたヒロシの進路問題もついに卒業の日を迎え、そして新たなる道へ。親御さんや友達、お世話になった人たちとのやり取りも、ちょこちょこでも作中で描写されてきた積み重ねてきただけあって感慨深いものがある。ここがゴールではなくスタートなんだけど、島での集大成感があるね。しかしこういう青春的なものはギャグは交えても感動的になるのに、恋愛描写になると徹底的にギャグになるのなー、この作品は(笑


ゆるキャン△ 1巻 (まんがタイムKRコミックス) 著:あfろ
●アニメがもう終わってしまうというところで、最初の頃を振り返る意味でまず1巻を購入してきた。漫画の最初の頃はりんちゃんの作画が妙に大人っぽいなw 出会いの頃がすでに懐かしい気分で読了。漫画だけだだったら、説明部分が大塚明夫さんの声になるとか思いもしなかっただろうw

kiasatane.jpg
タネツケアナバ (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)  著:kiasa
●『ひなたネトリズム』と比べると好きなNTRとはちょっと方向性が違ったな。NTRというよりキャラの変態チックな面が大きかったというか。メガネの先輩との息ヌキ話のほうが個人的には好みだったかもw
 

Posted on 2018/03/31 Sat. 15:22 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/1308-76f10fd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top