箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■2018-1月 ラノベ/漫画 読了   


女帝の名のもとに ファースト・コンタクト 上 (ハヤカワ文庫SF) 著:マイケル R ヒックス
●宇宙に植民を開始した人類、ファーストコンタクトの相手はフェアな戦いと名誉を重んじる戦闘民族だった。地球側の科学、技術水準に合わせて戦いを挑んでくる異星人に人類はどう立ち向かうか、というSF。異星人のトンデモテクノロジーとかまだ分からない思想とかあるものの、内容は割とシンプル故に面白さもストレート。ヤらなければヤられる系のノリは分かり易い。ハリウッド臭さ全開でもある。


女帝の名のもとに ファースト・コンタクト 下 (ハヤカワ文庫SF)著:マイケル R ヒックス
●異星人クリーランたちによる侵攻開始。戦うことこそが目的の戦闘狂種族相手に、ひたすら戦闘戦闘の下巻。宇宙艦隊戦と血みどろの地上戦。死を恐れぬ相手だからこそ双方に容赦無しの死が訪れるのは読んでいて爽快感すらある。人類に勝ち目はないのだけど、抗うことに意味が有る、熱いSFエンタメ。内容自体に奇抜なところはないけれど、直球で地球人vs異星人を描いているシンプルさが良い。長い戦いの始まりでしかない上下巻なだけに、続きの翻訳を期待して待ちたい。


はるかなレシーブ 4巻 (まんがタイムKRコミックス) 著:如意自在
●相変わらず対戦相手側も魅力的に描かれてるところがいいな。そして一番身近な友が対戦相手になるという後半の決勝も燃える。作戦を駆使して戦う描写、考え方の積み重ねが活きてくる展開は丁寧。


衛宮さんちの今日のごはん (1) (角川コミックス・エース) 著:TAa
●最近のFateスピンオフ作品にもはや全然付いていけないおじさん(私)は、久しぶりに見知ってるキャラが登場しているだけで面白いというか、こういうのを待ってたんだよなぁ、と。

honeyservice.jpg
ハニー・サービス 著:アシオミマサト
●この人の描くキャラは表情が良い。「ショー・ミー・マッチ」に出てくるような、ちょっと軽い感じの子が楽しんでエロい顔してるのが特に好きだなw
 
 

Posted on 2018/01/31 Wed. 21:43 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/1306-fef292dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top