05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■2016-2月 ラノベ/漫画 読了

2016.02.29 23:40|感想

天空監獄の魔術画廊 (角川スニーカー文庫) 著:永菜葉一
●ファンタジーラノベでエロ女囚とプリズンブレイク。絵画と魔術の設定等いろいろ考えてはいるが、結局は力押しで推し進めちゃってるのがなんだかな~、と。主人公が色々苦労して準備を進めても、その肝心の苦労部分を一行の説明で済ましてしまう辺りが安易で勿体無い。


オーバーロード9 破軍の魔法詠唱者 著:丸山くがね
●帝国を取り込み、王国を蹂躙し、アインズ様快進撃の始まり。ま、その本人が良く分からないまま流されてるようなところがギャグなわけでw 正直、読みたいのはアインズ側で、王国側視点でシリアスやられてもダラダラした印象。もう少し削れるとは思う。
●しかしようやく大きな進展があったので、ここからの展開には期待したいところ。あまり引っ張りすぎずサクサク大戦争して欲しいなw


藤島さんの深夜ごはん (メディアワークス文庫)
●小説家の苦労を描きたいのか、三十路前女の寂しさを描きたいのか、簡単ご飯の作り方を描きたいのか、女同士の友情のごたごたを描きたいのか、どうも中途半端で、田舎とふわっとした雰囲気は好きだが、作品自体のほうは調理不足だな。


覇剣の皇姫アルティーナ10<覇剣の皇姫アルティーナ> (ファミ通文庫) 著:むらさきゆきや
●ハイブリタニアとの戦争決着。レジスの奇策と用兵はついに誰の目にも認められる形で発揮。しかしどうも熱い展開と感じられないのは肝心のアルティーナの話ではないからか。マーガレットも結局は小物だったしなぁ。ラトレイユが真打としてどう立ちはだかるか楽しみ。
●あ、イラストのフランツィスカさん、まさかのメイド姿は可愛かったな。あと14歳フェルさん、誘う仕草に指をペロペロとか想像するとエロく良い描写w


異世界チート戦争 1 (オーバーラップノベルス) 著:むらさきゆきや


魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉13<魔弾の王と戦姫> (MF文庫J) 著:川口士
●非道グレアストの最期。まあ彼はティグルとエレンの為、一身に悪役の大役を果たしただけのような男だったので拍子抜けでしたが。でもここからまだ生き延びられてもさすがに鬱陶しいだけですなw 戦乱の行方とヒロイン確定ルート、どんな道に進むにしろ盛り上がってきたかな。
● にしても、主人公一行はいろんな意味で勝利を勝利を上げることができたけど、ブリューヌ国内であちこち略奪されまくる村々が無残すぎて、えらいことですな。
●あと、こういう思わぬところでNTRの道に踏み外してしまう若い人がいるかもしれないと思うと心がおどr・・・心配ですなw


進撃の巨人(18) (講談社コミックス) 著:諫山創
●肝心の謎まであとようやく一歩のところで、やっと待ちに待ったガチの巨人とのバトルかな。帰還~突入からの戦闘は久々にゾクゾクしたぞ。いろんな意味で一気に行って欲しい。


ゲート 2―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS) 著:柳内 たくみ, 竿尾悟
●主にイタリカ攻防戦。戦闘は一方的だが、内容的に大事なのはむしろその後の自衛隊の対応や交渉によって味方を、情報を得ていく過程が疎かな描写になってないところだな。姫様の心労から帝国側の事情も察せられるのも良いしね。


ゲート 3―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS) 著:柳内 たくみ, 竿尾悟
●日本寄り道編。日本での出来事なのにやってることは異世界よりフィクションっぽい展開ってのがアレだね。国会招致をギャグにしちゃってるあたり、この辺はサラリと。


ゲート 4―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS) 著:柳内 たくみ, 竿尾悟
●アニメの1期から2期の展開へ突入。ダークエルフさんと問題児王子登場で新展開はに入ったな、という感じ。ヤオは絵でじっくり見ると実にエロくてダークエルフ万歳w またアルヌス発展の過程が垣間見えたり、異文化交流の一旦が見れるののも面白い。


監獄学園(12) (ヤングマガジンコミックス) 著:平本アキラ
●あっちこっちで間違った関係性ばかり発展していく青春群像劇w アンドレとリサさんによるSM講座の力の入れようには、もはや謎の感動を覚えるレベル。肝心の監獄内ではキヨシが結局美味しい目に会いながらケイトの罠にどう立ち向かうか!


監獄学園(13) (ヤンマガKCスペシャル) 著:平本アキラ
●やっぱり裏会長のような真面目キャラの恥じらいこそ嗜好なんだよな。驚愕のウロボロス。
●一方、『濡れTが潮干狩りになるなんてありえねーだろ!!』この一言で結束する男子たち。この展開が、この漫画の全てを表している。


監獄学園(14) (ヤングマガジンコミックス) 著:平本アキラ
●千代ちゃんの投獄&囚人服姿ではっきり分かることは、やっぱりおっぱい描写は普通サイズが一番エロいということかな!
●あ、ジョーとあんみつ先生の行方はどうなってしまうのか・・・。


4365.jpg
好きになったら一直線! (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL) 著:如月群真
●荒唐無稽な設定はいつも通りとして、しかしWヒロインの性格やくっつき方とかもいつも通りでエロ方面ではマンネリ。ヒロイン姉や先生、他のキャラたち、恋愛絡みなしの脇役キャラのHのほうが相変わらず好みなんだよなぁ。これだけエロの自由は設定でメインヒロインは主人公とだけ、ってのが勿体無いのよ(完全に好みの話です)。
 

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

コメント

非公開コメント