04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■2013-10月 ラノベ/漫画 読了本

2013.10.31 23:43|感想
マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス 6 膺懲の火影 (ファミ通文庫)
マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス 6 膺懲の火影 (ファミ通文庫)

(2013/03/30)
吉宗鋼紀

2.43 清陰高校男子バレー部
2.43 清陰高校男子バレー部

(2013/07/26)
壁井 ユカコ
●涙アリ、熱血アリのバレー部部活もの。スポ根というよりは中高男子の青春の1ページという感じで、悩み、葛藤、友情を爽やかに描いたという印象。バレー好きのバカたち。チーム競技だからこそメンバーそれぞれの視点で描かれる群像性も上手いなあ、と感じた。ユニチカを筆頭に皆良い意味で、学生らしいアクの強さみたいなものが個性として光ってたなぁ。

薔薇のマリア  14.さまよい恋する欠片の断章 (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア 14.さまよい恋する欠片の断章 (角川スニーカー文庫)

(2010/07/31)
十文字 青
●うわあああユリカが告白しちゃったよおおおくそおおおお(錯乱)。 いや、エルデンってこんなに甘酸っぱい恋の雰囲気溢れるの街だった? と錯覚するくらい甘甘だったり切なかったりで。 あー、後もう心配なのはサフィニアだよなあ。野菜野郎め、しっかり生きてくれよ?w

覇剣の皇姫アルティーナII (ファミ通文庫)
覇剣の皇姫アルティーナII (ファミ通文庫)

(2013/02/28)
むらさきゆきや
●難攻不落の要塞攻略にしては、あっさりいったなー、軽いなあー、と思わないでもないけど、ある意味正道を外さない描き方なので強引さを感じることなく飲み込める。アルティーナの真っ直ぐさは好感が持てるし、楽しく読めるのが良いところですね、この作品は。

覇剣の皇姫アルティーナIII (ファミ通文庫)
覇剣の皇姫アルティーナIII (ファミ通文庫)

(2013/06/29)
むらさきゆきや
●帝国内での派閥争い、お家騒動と、宮廷での策謀合戦。お約束とは言え、大ピンチからの倍返し、やられたら、やり返す展開にスカっとw 多少強引な展開に感じる部分もあるけど、それと感じさせないのは余計に盛ってる部分が少ないからかな。まとまり具合が絶妙です。

英国マザーグース物語 聖夜に捧ぐ鎮魂歌 (英国マザーグース物語シリーズ) (コバルト文庫)
英国マザーグース物語 聖夜に捧ぐ鎮魂歌 (コバルト文庫)

(2013/06/01)
久賀 理世
●嘘とすれ違い、これもある意味王道の展開。ジュリアンの言い訳と共に隠していた秘密が明らかになり一気にクライマックスへ。ショック故に頑なになってしまったセシルもちょっと…という感じもあるが、この展開、ジュリアンは悪役の存在に助けられてる気もするぞw

バガタウェイ 7 (BLADE COMICS)
バガタウェイ 7 (BLADE COMICS)

(2012/02/10)
古日向 いろは
●ほぼ丸々、合宿編。こんなにしっかり特訓を描いてくれると次から始まる公式戦での成長にも説得力が増すよなあ。ソラとキャプテンを中心に一年生たちにもそれぞれメニューが用意されていたり細かい。特訓で、海で、汗にまみれ、程よい露出もあって非常に美味しい内容でした。●や、それぞれ抱える悩みや問題に健全な青春パワーでぶつかっていくこの清々しさ、これが次の初公式戦でどんな影響を及ぼすのか非常に気になるところで。キャプテンに関しては詳しい背景がまだ描かれないから何とも言えないけど、予想出来る範囲では、もう吹っ切る段階まで来ているんだろうけどねぇ。
●しかし今回、特訓とはいえスパッツやら水着やらの健康美的エロスも存分に堪能出来て有り難や有り難やでした。ソラがスク水でキャプテンが競泳水着とか全く分かってらっしゃる。まさかの島津先輩のスパッツ姿もけしからん反則退場!w イチ先輩の嫁っぷりとかも、もうどういう目で楽しんでやろうかと。
●やーでも、真面目なこと言うと今回はソラのいろんなところでの表情の変化が一番印象に残ったなあ。覚悟を決るのをビシっと表情で見せてくれてる、この説得力。アニスと再開した時の表情なんかは違う意味で表情がヤバイことになっていたけど、あれはあれでタマランというねw

ログ・ホライズン外伝 HoneyMoonLogs 1 (電撃コミックス)
ログ・ホライズン外伝 HoneyMoonLogs 1 (電撃コミックス)

(2013/02/27)
松 モトヤ/橙乃 ままれ
●外伝ということで、原作にはないオリジナルの話なのかと思いきや、本編主人公シロエたちとは別のキャラ達から見た本編・・・という割には外伝オリジナル要素も多くて・・・? や、そういうものだと思って読めば全然悪くないですよ。●まあ、原作本編を知らないから、整合性とか気にせず今のところはパラレルワールド的な感じで楽しめる、のかな。アニメが進んだら本編漫画のほうも買ってこようかと(どうも小説原作は読みにくそうという話なのでw
 

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

コメント

非公開コメント