箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■2013-1月 ラノベ読了本   

ロウきゅーぶ! (11) (電撃文庫)
ロウきゅーぶ! (11) (電撃文庫)

(2012/10/10)
蒼山 サグ

“末摘花
“末摘花" ヒカルが地球にいたころ……(5) (ファミ通文庫)

(2012/08/30)
野村 美月

ヘヴィーオブジェクト 第三世代への道 (電撃文庫 か 12-35)
ヘヴィーオブジェクト 第三世代への道 (電撃文庫 か 12-35)

(2012/06/08)
鎌池 和馬

ヘンたて 幹館大学ヘンな建物研究会 (ハヤカワ文庫 JA ア 7-1)
ヘンたて 幹館大学ヘンな建物研究会 (ハヤカワ文庫 JA ア 7-1)

(2012/06/22)
青柳 碧人

いとみち 二の糸
いとみち 二の糸

(2012/09/21)
越谷 オサム

フルメタル・パニック!  アナザー4 (富士見ファンタジア文庫)
フルメタル・パニック! アナザー4 (富士見ファンタジア文庫)

(2012/08/18)
大黒 尚人

英国マザーグース物語 哀しみのロイヤル・ウエディング (英国マザーグース物語シリーズ) (コバルト文庫)
英国マザーグース物語 哀しみのロイヤル・ウエディング (英国マザーグース物語シリーズ) (コバルト文庫)

(2012/09/29)
久賀 理世


C3-シーキューブ-XV (電撃文庫)
C3-シーキューブ-XV (電撃文庫)

(2012/10/10)
水瀬葉月


竜と勇者と可愛げのない私8 (電撃文庫)
竜と勇者と可愛げのない私8 (電撃文庫)

(2012/12/08)
志村一矢


 今月読了の中でなんといっても一番お気に入りは『いとみち 二の糸』。今回はいとちゃんの成長を見守りつつ、先輩メイドさんや親友ら、周りの人たちにもスポットが当たってよりキャラに愛着が湧くような、そんな内容でさらに物語の楽しみが増えた感じ。津軽メイド珈琲店には笑顔が似合う、そういうこの物語がね、もっと好きになった。
 また完結した『竜と勇者と可愛げのない私』も幸せな結末で満足。王道ファンタジーというか、少し昔のラノベファンタジーを懐かしむような作品だったけど、あとがきを読んでそれも納得。アホタレ勇者と真面目魔法使いがここまでバカップルになって清々しいほどの大団円。一巻から見てきて、アンジュが幸せになれたのがホント良かったです。
 他、『ヒカルが地球にいたころ……』『英国マザーグース物語』も、続きがきになる展開になってきて先が楽しみ。
 

Posted on 2013/01/31 Thu. 23:53 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/1233-69d8e02b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top