箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■竜と勇者(あいつ)と可愛げのない私 6(志村一矢)  


竜と勇者と可愛げのない私〈6〉 (電撃文庫)竜と勇者と可愛げのない私〈6〉 (電撃文庫)
(2012/04/10)
志村 一矢

商品詳細を見る

 魔王と竜王の秘密、戦うべき相手、色々見えてきたのはいいけど世界観というか随分と大変なことになったもんだ。
 内容的には強敵との戦い満載の回だったものの、印象としては竜騎士や竜王に纏わる真実の説明回、といった感が強かったな。敵が強大すぎだし、アホタレもアンジュも毎回満身創痍どころか常に命を燃やして戦ってるから、読んでいても何故か気が気じゃないよ。アンジュがね、とにかく健気で可愛くも強いヒロインであるからこそ、こうなると本当に幸せな結末を願ってしまうよ。


・シリーズ感想
竜と勇者と可愛げのない私
 

Posted on 2012/07/09 Mon. 21:58 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/1209-cf52f307
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top