箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■ほうかご百物語 7(峰守ひろかず)  

ほうかご百物語〈7〉 (電撃文庫)ほうかご百物語〈7〉 (電撃文庫)
(2010/02/10)
峰守 ひろかず

商品詳細を見る

 イタチさんの妖力喪失から始まる今回の物語。まあ、真一のセリフじゃないけど、美術部には稲葉先生やら奈良山やら強力なメンツが揃っているから、それほど事態に深刻さは感じられないというか、お気楽な雰囲気はいつも通り。狼男のフィルも後輩としてすんなり馴染んでいくし、どんどん賑やかになっていきますね。
 今回は力を失ったイタチさんを支える、という形で真一も良いところを見せようとし、それに対して満更じゃないイタチさんと、二人の仲はますますバカップルとして周囲に認知されていっていますが、まさにそれがこの作品の魅力なので、どんどんバカップルとなって行って欲しいです。つか、真一の行動を普通に受け入れ始めているイタチさんも相当馴染んできているよなあ、と(笑)。

 ストーリー的には、真一とイタチさんのいちゃつきの裏で、妖怪たちのなにやら真面目な策略も進展している様子。恋する新井さんが今回も地味に見せ場を作っていましたが、その新井さんに怪しい影。外野の恋愛模様も気になるところなので、これも良い方向へ転じていって欲しいなあ。新井さんもいろんな意味でヒロイン枠の一人だと思っているので!(笑)

元々の基準値を守りつつ、出荷制限がかかった農家や漁業関係者にはきちんと保障することを素早く決めていれば、風評被害はもっと抑えられたんじゃないかと思うんだよな。


・シリーズ感想
ほうかご百物語
 

Posted on 2010/09/07 Tue. 23:45 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/1144-c834dec9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top