箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■ロマンス、バイオレンス&ストロベリー・リパブリック 2(深見真)  

ロマンス、バイオレンス&ストロベリー・リパブリック 2 (ガガガ文庫)ロマンス、バイオレンス&ストロベリー・リパブリック 2 (ガガガ文庫)
(2011/01/18)
深見 真

商品詳細を見る

 今回も安心のエロとバイオレンス。リョウトが駐在武官になって、どんな風に事件に絡んでいくのかと思いましたが、普通にまた特殊部隊員として潜入し、バッタバッタと敵をなぎ倒していきます。新たなエルフやファンタジーの定番亜人、ドワーフの仲間も一緒に、独裁政権の親玉を狙いに行くとは、ホントに分かりやすい設定だよなあ、と。まあ定番の潜入ミッションから怒涛の合戦へとなだれ込んでいく終盤の展開は、怒涛過ぎてやや描ききれていない部分も感じられましたが、肝心のリョウトと今回のライバルキャラ、コルテスとの一騎打ちなどバトルの様子は非常に濃ゆく楽しませてもらえたので良かったです。や、エルフにドワーフ、魔法に魔獣が飛び交うここまで鉄板のファンタジーで、さらに軍の特殊部隊が主役なんて作品はなかなかお目にかかれないんじゃないかなあ。
 リョウトとエルフのフランカの仲も、ラブラブな上に非常にお盛んなようでそっちのほうの進展も何かと楽しいところ。リョウトに別の意味で好意を寄せているエルフのニコレッテも良い尻……じゃない、良いキャラしてるし、駐在武官どのの今後の活躍が楽しみだ(笑)。


・シリーズ感想
ロマンス、バイオレンス&ストロベリー・リパブリック
 

Posted on 2011/03/30 Wed. 23:45 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/1129-79e18526
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top