箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■退出ゲーム(初野晴)  

退出ゲーム (角川文庫)退出ゲーム (角川文庫)
(2010/07/24)
初野 晴

商品詳細を見る

 どうして自分の周りには変人しかいないのか、と嘆くヒロイン千夏の、幼馴染の男の子と好きな先生を奪い合う三角関係部活青春ミステリ。なんだそりゃ(笑)。
 とにかくハルタと千夏の凸凹コンビと、やけに自己主張の激しい学校仲間たちとのやり取りが面白く楽しい。話の核となる部分は各短編それぞれ本格的なミステリー的仕掛けが施されていますが、謎解きに限らず学校での部活の話に恋の話と、青春物語としての流れがあってこその面白さが何より魅力。表即興劇を舞台に繰り広げられる表題作の「退出ゲーム」は謎解きとキャラの面白さの両方を美味しく頂ける絶品で、多少無茶で強引な解決すらもキャラの魅力で逆に納得できてしまうから面白い。若干重めのテーマを扱い、コミカルで軽いだけの作品になっておらず、抜群の緩急を効かせてしっかり読ませる内容というのもポイント。高校生の身で解決するにはなかなか大変な問題に直面する一方で、ままならない片思いにもやもやしたりと、学園青春ミステリーとしての美味しい部分がしっかり詰まった良作でした。
 

Posted on 2011/02/18 Fri. 23:40 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/1117-ce691925
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top