箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■子守り魔王と姫騎士団長(夕鷺かのう)  

子守り魔王と姫騎士団長 (B’s‐LOG文庫)子守り魔王と姫騎士団長 (B’s‐LOG文庫)
(2010/02/15)
夕鷺かのう

商品詳細を見る

 個人的にはもう少し所帯じみた魔王を想像していたんだけどな。子守というくらいなら、嫁さんの尻に敷かれてるくらいの感じで。それがまさか拾った子の子守だったとは。や、でも炊事洗濯、家事全般OKというのは十分所帯じみてるか。まさに完璧。
 一方で姫騎士団長のクレアのほうは頭にドジっ子という言葉を何故つけなかったというほどのドジっぷり。支える側がそりゃしっかりしてないと務まらんよなあ、ということで過保護な副団長と完璧魔王のコンビ脇を固めるドタバタっぷりはなかなか楽しめました。
 あと、世界設定が中南米寄りの舞台を意識しているというののも珍しい感じがして面白いなあ、と。マチュピチュとか、あの辺りの遺跡文化がどんな感じに活かされていくのかは気になる。
 

Posted on 2011/01/29 Sat. 16:49 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/1111-42d2d058
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top