箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■レイセン File2:アタックフォース(林トモアキ)  

レイセン  File2:アタックフォース (角川スニーカー文庫)レイセン File2:アタックフォース (角川スニーカー文庫)
(2010/09/30)
林 トモアキ

商品詳細を見る

 台所に立つ葉多恵さんの後ろ姿にぐっときたんだけどなあ。

 ヒデオたち心霊班の前に現れた謎の少年グループとの対立や、中篇で語れらる翔香さんの昔話など、今回はヒデオも睡蓮もあまり目立った出番はありませんでしたねー。っていうか、終わってみれば葉多恵さんが大活躍した巻、って感じになっちゃってますね。いやーほんと、葉・多・恵さん、こんなところでなにやってんすか! と(いや、これは「ミスマルカ」のほうで言うべきセリフか)。
 Case5~6のほうは伏線やら今後のための下準備、という感じのままで終わってしまったので、ここまでだとどうにも中途半端。ヒデオのハッタリと、それに見事にハマってしまう”世界観”の彼など、今後が楽しみな展開にはなっているので先は楽しみではあります。バケモノ対決の臭いも漂ってきたことですしね。


・シリーズ感想
レイセン

Posted on 2011/01/07 Fri. 23:53 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/1103-e3c20621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top