箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

●~アニメ感想~  

アマガミ 24話
 仮面かぶりも、意味ありげなお姉さんとの関係も、結局うやむやのうちにまとめてしまった、という詰め込みようで、最後の最後で尺の足りなさが響いてしまった? という印象。まあ、掌底から膝打ちというコンボ決められて押し倒されるシーンの力の入れようとかは、純一にも視聴者的にもご褒美としかいいようがないな、とかそんな感じで。シーンとしての盛り上がりはシリーズ通しても瞬間最大値を記録したと思うし、これはこれで良かったかな、と。響先輩の”あのカッコ”が見れなかったのはなんとも残念だったけど!

   *

薄桜鬼 最終話
 あの状態の土方さんがよく風間に勝てたな…なんて野暮な突っ込みは無し。結局、鬼とか何だったのよ、という思いもあるが、薄桜鬼という作品の中の新撰組隊士たちの生き様はしっかり見せて貰えた。千鶴のその後は気になる所だけど、蛇足的に語るよりは綺麗な締めで良かったかな、と。

   *

SRW OGS2 11話
 ミツコさんの色んな意味でのいやらしさがたまらん。しかもこれだけ見事な悪女を演じておきながら、OG2中ではなんのお咎めもないんだろうし。ロボのアクションはゲームで見れるから、こういうキャラの活躍が見れるほうがアニメの楽しみとしては大きいのよね。

Posted on 2010/12/19 Sun. 23:45 [edit]

category: 雑記

thread: アニメ・感想 - janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/1096-4f3e755a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top