03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■C3 -シーキューブ- X(水瀬葉月)

2010.11.23 22:55|感想
C3‐シーキューブ〈10〉 (電撃文庫)C3‐シーキューブ〈10〉 (電撃文庫)
(2010/09/10)
水瀬 葉月

商品詳細を見る

 おおう、この(↑)ツインテールフィア可愛いな、おい!

 日村って今までイラスト化されたことなかったっけ? これまでの危ない印象からもっとこう、いろいろと強烈な容姿を想像していたんですが、見た目は普通に美形。ま、結局中身は病的ともいえるストーカーだったわけすが、終わってみれば錐霞の春亮に対する沈んでいた恋心を思いっきり浮上させてしまったわけで、読者的には有難い野郎、だったのかもしれませんね(笑)。つか、わざわざあそこまで手間をかけて準備したにもかかわらず、ン・イゾイー含め研究室長国の人間にバラされたらお終いということは考えなかったのだろうか。どうも穴だらけの計画だったように思えてならないんですが。
 まあ、変人の考えることはともかく、この手の主人公らしくスーパー鈍感な春亮に”義理ではないチョコ”を渡したいんちょーさんは、果たしてしっかり想いが伝わっているといいんですが、これで春亮を巡る女性陣の関係も少し変化があったりするんですかね。フィアも進んでいるのか戻っているのかよく分からない感じだからなあ。

 あ、このさんは、最近ちょっと危ないほどに春亮への想いが本性と共に出すぎちゃってるから逆に大丈夫かと心配になりますが(笑)。


・シリーズ感想
C3 -シーキューブ-
 

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

コメント

非公開コメント