箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■隙間女(丸山英人)  

隙間女(幅広) (電撃文庫)隙間女(幅広) (電撃文庫)
(2010/07/10)
丸山 英人

商品詳細を見る

 突然、家の隙間に現われた妖怪、隙間女とのなんともよく分からないコメディをはじめとした不思議な怪談・妖怪もののお話を収録した短編集。怖がらせない隙間女、生物部の魔女、よく喋る人面咀、男なのにトイレの花子さん、など基本的に怖くない明るい怪談コメディ。なんというか、不思議な雰囲気というか、良い意味でどれも変な話(笑)。つか、作者の趣味なのか拘りなのかよく分からないけど、ぽっちゃりでふくよかな女性が好みの主人公とか、トイレで弁当を食べることに情熱をかけるキャラとか、物凄い斜めの方向への描写に力が入っているのが笑える。思いっきり実生活に影響あるオカルト現象を、結局投げっぱなしという展開がほとんどなんだけど、まあ、こんなのもいいよね、と笑って楽しめればいいのかな。隙間女とかいいつつ、こんな美少女が住み込んでくれるならこっちからお願いしたいほどですよ。
 

Posted on 2010/11/20 Sat. 00:07 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/1085-a8cb552e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top