箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■さくらファミリア!(杉井光)  

さくらファミリア! (一迅社文庫 す 1-2)さくらファミリア! (一迅社文庫 す 1-2)
(2008/07/19)
杉井 光

商品詳細を見る

 天使だ悪魔だキリストだユダだと、こんなにも分かりやすい元ネタをここまで”下”なネタにしちゃっていいのだろうかという罰当たりなラブコメ。まーこの開き直り感がいかにもラノベだよね。やってることは三国志キャラの女人化とかと似たようなものか。エロい大天使長にロリなサタンとか、威厳もクソもありゃしない。しかも借金取りに追われてるなんて、どこもかしこも不況すぎて嫌になるわ(笑)。
 体裁としては、主人公の家にヒロインたちが転がり込んでくる典型的なハーレム系ラブコメ。キャラ付けが分かりやすい上にサクサク進むコメディなんで読みやすさは抜群。妙なメタネタも織り込んできますが、これも何でもありな感じがして良い意味で作品の色になってる感じ。おバカな話ばっかりではなく、ちゃんと終盤では主人公を中心にしたキャラクターたちの絆の繋がり見せてくれるシリアスなやり取りもあったりして、熱いところは熱い絶妙なバランス構成。
 ヒロインは双子の姉妹ってことみたいだけど、個人的にはサタンのるーしーのほうが人気ありそうな。いや、別にロリキャラが好きってわけじゃないけど、インパクトとしてはるーのほうが明らかに勝ってる印象なんだよなー。神の娘のエリ&レマ対サタンのるーしーの、主人公を巡ってバトルとか、どんな終末だよ(笑)。

Posted on 2008/10/25 Sat. 22:17 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/1082-7ffa0fb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top