04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■舞面真面とお面の女(野崎まど)

2010.07.17 23:45|感想
舞面真面とお面の女 (メディアワークス文庫)舞面真面とお面の女 (メディアワークス文庫)
(2010/04/24)
野崎 まど

商品詳細を見る

 大財閥のお爺さんが残した暗号めいた遺言をめぐって展開する謎解きミステリーかな。田舎の雰囲気と含みたっぷりの暗号に、仮面を付けたなぞの少女の登場と、不思議な気味の悪さの割には登場人物たちの明るく軽い会話のテンポが面白く、さらりと楽しめました。開かない箱や奇妙な石の謎など、遺産に関わる謎解きも素直になるほどと思わせてくれる解答で面白かったな、と。
 しかし真の解答ともいえるラストは、やっぱり賛否分かれるところですかね。私としては、こういう捻りというか、お遊び的な締め方も洒落があって良いと思いました。別に堅苦しい真面目なミステリを期待していたわけじゃないですからね。なんだかニヤリ、とさせられました。

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。