07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■狼と香辛料 XIII Side Colors III(支倉凍砂)

2010.01.28 23:26|感想
狼と香辛料 13 (電撃文庫 は 8-13)狼と香辛料 13 (電撃文庫 は 8-13)
(2009/11/10)
支倉 凍砂

商品詳細を見る

 ロレンスとホロのいちゃつきっぷりに定評のある短編集。今回も美味しいもの食べたり、プレゼント貰ったりで、賢狼さまは大喜びのご様子です。
 中篇として描かれるのは羊飼いの少女ノーラの冒険を付き添いの騎士犬、エネクの視点から見た『羊飼いと黒い騎士』。ロレンスたちと別れたノーラは、仕立て職人になるべき旅をし、疫病の町クスコフへ向かうが、そうそう仕事が見つかるわけもなく、ノーラのそのお人好しの性格からややこしい事態に巻き込まれ、というお話。事件というほどの展開はありませんが、ノーラの人柄が良く分かる地味ながらも素朴で雰囲気の良いお話。なんでしょうね、ノーラの人の良さと薄幸さを見ていると、何とか幸せを掴んで欲しいという気にさせてくれますよ。頼りになるエネク共々、頑張って前に進んでいって欲しい。

 っていうか、賢すぎるエネクはいつになったらホロのように変身しますか?(笑)


・シリーズ感想
狼と香辛料
 

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

コメント

非公開コメント