05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■鋼鉄の白兎騎士団 VII洸)

2010.04.18 23:43|感想
鋼鉄の白兎騎士団 VII (ファミ通文庫)鋼鉄の白兎騎士団 VII (ファミ通文庫)
(2008/07/30)
舞阪 洸

商品詳細を見る

 いきなりジアン死亡とか、まあみんな大好き腹黒さんの策だろうなあというのは予想できるんですが、立てた策のおかげでの相変わらずの弄られっぷりはむしろ安心の展開。この、隊内でのやりとりもすっかり定番のイベントになってますな。この先、ガブリエラが騎士団内で地位を獲得していくたびに何だかんだと好き放題言われていくんでしょうねえ。将来、団長に抜擢された時には一体どんな弄られかたをするのか楽しみでしょうがない(笑)。
 名前にイラストまでしっかりついた男キャラとして初めて登場したドゥイエンヌ兄は予想の斜め上を行くキャラ。この女子ばかりの面子の中でシスコンで変態とはやってくれますね。しかも形式的には皆の上司という立場だからいろんな意味で美味しい。まあ女子の中にやっと男が登場したところであまり色のあるイベントがあるというわけでもないのが残念なんですが、どうせならドゥイエンヌに拘らずにセクハラしてくれればいろんな意味で盛り上がるんだけどな(笑)。つか、男キャラとしてはどっちかというとオルトラゥス氏のほうが美味しい役どころっぽいですね。まずラブコメ云々なんて方向へは行かないだろうけど。
 お話のほうは、あっさり謀反人撃退で片がついたと思いきやさらに大事へ発展しそうなところで次回へ続く。盛り上がり的にはここからが本番といったところかな?

 それにしても、ご褒美が温泉地というのはいかにもこの作品らしいよなあ。

・シリーズ感想
鋼鉄の白兎騎士団

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

コメント

非公開コメント