04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■烈風の騎士姫(ヤマグチノボル)

2010.04.12 23:42|感想
烈風の騎士姫 (MF文庫J)烈風の騎士姫 (MF文庫J)
(2009/10/23)
ヤマグチノボル

商品詳細を見る

 男装の美女にロマンを感じるヤマグチ氏の考えには全く同意するしかないわけですが、しかしカリンの格好は男装の麗人のイメージとはちょっと違うような。っていうかなんでバレないのか不思議だろう、という感じなんですが。や、これはこれで全然OKなんですけどね。
 というわけで始まった『ゼロの使い魔』に関連深いカリンことカリーヌの少女時代を描いた新シリーズ。女であることを隠しているカリンと同居人のサンドリオンのやり取りは定番のラブコメなんだけどヤマグチノボル作品らしい読みやすさと軽いノリで安心して楽しめた。男言葉で強気だけどまだまだ未熟なカリンと先輩騎士のサンドリオンとの関係は、どこかまだ子供と保護者という印象もありいますが、これがどう変化していくのかを考えると先が楽しみです。
 一方で王族を巻き込んだキナ臭い陰謀の影も見え隠れしてお話としても結構なスケールになりそうな予感も。立派な騎士を目指すカリンと悲しい過去を持ったサンドリオンの二人がこの先どう付き合っていくのか、そして悪事を企む宰相とどう戦っていくのか、王道なラブコメファンタジーとして続きに期待。

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。