箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■レイセン File1:巫女とヒキコと闇少女(林トモアキ)  

レイセン  File1:巫女とヒキコと闇少女 (角川スニーカー文庫)レイセン File1:巫女とヒキコと闇少女 (角川スニーカー文庫)
(2010/02/01)
林 トモアキ

商品詳細を見る
 

『えろくてんかとういつっ!』


 いかにも外伝的な内容かと思いきや、やっぱり主人公が引き続きヒデオということでしっかり『マスラヲ』の続きになってますね。さらに『オ・リ・ガ・ミ』『マスラヲ』の両メンバーが登場するとあってはこれからどんなカオスなお話になるのか楽しみすぎる状況。絡みは少なくともオールキャストでの競演が見られそうで、たとえ世界存亡に関わるような大事な事件が起きなくても面白いことになりそうです。
 久しぶりに登場した睡蓮は見事なヒロイン枠。ヒデオ共々人付き合いの悪い性格の二人の初々しいやり取りがなんとも微笑ましくそして楽しい。最初にこの二人がメインと聞いたときはまさかの組み合わせという感じがしましたが、こんなにも相性良く描かれるとは、さすがは林トモアキ。この先、神殺しと魔眼王の二人が力を合わせて事件を解決、ってことになれば相当盛り上がるだろうなぁ。なんでもない日常のドタバタコメディも、ノアレのSっぷりとウィル子の悪乗りが合わさって(良い意味で)酷いことになりそうだし、これはなかなか楽しみだ。妹にかくれてちゃっかりラブコメしてる鈴蘭もね、なんかもうニヤニヤすぎる。

Posted on 2010/04/03 Sat. 23:30 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/1009-9f016c01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top