箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■2015-2月 ラノベ/漫画 読了本  

覇剣の皇姫アルティーナ 小綺譚 (ファミ通文庫)
覇剣の皇姫アルティーナ 小綺譚 (ファミ通文庫)

(2014/10/30)
むらさき ゆきや
●バスティアンとエリーゼ、エディとフェリシア、どうもこの2組みのほうがよっぽど主人公らしく見えてくるというか、レジスの影が薄くなるというか。書き下ろしエピソードは今後に繋がってくるので重要ですね。バスティアンはエリーゼの扱い次第では第三勢力になったりしないかなぁ。

西川麻子は地理が好き。 (文春文庫)
西川麻子は地理が好き。 (文春文庫)

(2014/11/07)
青柳 碧人
●地理歴史の社会科ウンチクで謎を解くミステリ。うーん、作中でも言われてるけど確かにマニアックな情報で、感心するほどの興味を持てなかったな。地味。

魔弾の王と戦姫 4 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
魔弾の王と戦姫 4 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

(2014/10)
柳井 伸彦、川口 士 他
魔弾の王と戦姫 5 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
魔弾の王と戦姫 5 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

(2014/04/23)
柳井 伸彦、川口 士 他
魔弾の王と戦姫 6 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
魔弾の王と戦姫 6 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

(2014/10/23)
柳井 伸彦、川口 士 他
●4~6巻。ロランの登場から敗北まで。端折っても3巻分をアニメ版はほんとに短くしたな…、って。アニメでは存在を抹消されたグレアストやヴォジャノーイ、相変わらずこの漫画の男キャラは作画が濃いというか怖いくらい、もちろんロラン含めw

軍靴のバルツァー 7 (BUNCH COMICS)
軍靴のバルツァー 7 (BUNCH COMICS)

(2014/12/09)
中島 三千恒
●明かされる王子兄弟の過去。多くの黒幕達の思惑で引っ掻き回されるバーゼルラント国内はついに大きな分岐点を迎えましたね。今回、バルツァーに直接的な活躍の場は与えられなかったものの、彼の教えが生徒たちに着実に伝わっていることが嬉しい。例えそれが大きな危機だとしても。この事態の収拾に主人公たるバルツァーが関われるのか、次巻が待ち遠しい。

はたらく魔王さま! (6) (電撃コミックス)
はたらく魔王さま! (6) (電撃コミックス)

(2014/08/27)
柊 暁生
●アニメで見たストーリーが終わって、ここから新展開。今回は育児する魔王さまになってた。一層所帯じみた魔王さまになってきたなあ(笑 アラス・ラムスの正体は今回では謎のままだけど、それこそ子はかすがい、各キャラにいろんな影響を与えていて面白いことになって、ヒロインたちのそれぞれの反応が楽しい。何だかんだで嬉しそうなちーちゃん可愛い。
 

Posted on 2015/02/28 Sat. 16:48 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top