05 | 2004/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■フルメタル・パニック! ―サイドアームズ― 音程は哀しく、射程は遠く(賀東招二)

2004.06.18 19:30|感想
音程は哀しく、射程は遠く―フルメタル・パニック!サイドアームズ (富士見ファンタジア文庫)音程は哀しく、射程は遠く―フルメタル・パニック!サイドアームズ (富士見ファンタジア文庫)
(2004/04)
賀東 招二四季 童子

商品詳細を見る

 フルメタ外伝、ということで傭兵部隊ミスリルの面々を主役に当てての短編集。
 本書のタイトルにもなっている『音程は哀しく、射程は遠く』はクルツを主役にした珍しくシリアス多めの、わりと真面目な話でしたが、やはりメインは『女神の来日(温泉編)』か。兎にも角にも無駄に力の入った女性陣の温泉入浴シーンの描写がアホ(←いや、誉めてるんだ)。
 あーもう一度アニメ(ふもっふ)が見たくなったな。

 それにしても本編の続きがまただいぶ休んでいるような――?


・シリーズ感想
フルメタル・パニック!

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

■空の境界(上/下)(奈須きのこ)

2004.06.15 18:23|感想
空の境界 上  (講談社ノベルス)空の境界 上 (講談社ノベルス)
(2004/06/08)
奈須 きのこ

商品詳細を見る

空の境界 下 (講談社ノベルス)空の境界 下 (講談社ノベルス)
(2004/06/08)
奈須 きのこ

商品詳細を見る

 伝奇小説っぽい恋愛小説。見た目のぶ厚さを感じさせずにほとんど一気に読みきることができました。『月姫』、『歌月十夜』と続いての奈須作品ですけど、このひとはやっぱり小説書くほうが向いているんでしょうかね。ゲームのテキストと比べたら読みやすさが全く違うんだよなぁ。とにかく読ませる文章で、カッコイイ。いやー堪能させて頂きました。

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

■あそびにいくヨ! 3 たのしいねこのつかいかた(神野オキナ)

2004.06.08 19:27|感想
あそびにいくヨ!〈3〉たのしいねこのつかいかた (MF文庫J)あそびにいくヨ!〈3〉たのしいねこのつかいかた (MF文庫J)
(2004/05)
神野 オキナ

商品詳細を見る

 今回はラブコメ度増量ですな。アオイちゃんがどんどん化けてく(笑
 ストーリーのほうは、夏休みを利用しての海水浴と、賑やかしつつも全編わりとほのぼのムード。一応次回への伏線である新キャラの顔見せなんかもあろましたが、やはり今回一番の見所というかストーリー上の進展は、エリスとアオイの(ラブコメ的)直接対決の準備が整ったところですかね。まあ、対決というより、アオイが一人で空回りしているような感じもしますけど(笑


・シリーズ感想
あそびにいくヨ!

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

■ムシウタ 03.夢はばたく翼)

2004.06.05 19:24|感想
ムシウタ03 夢はばたく翼 (スニーカー文庫) ムシウタ03 夢はばたく翼 (スニーカー文庫)
岩井 恭平 (2004/04/28)
角川書店
この商品の詳細を見る

 周囲の好評価とは逆に、私的にはどうも上手く乗りきれないこのシリーズなんですが、今回もまたそこそこ微妙な出来。うーん、作品の主軸となるキャラクターたちの想いや悩みの背景にイマイチ共感できないのが痛いかなぁ。反面、“始まりの三匹”に関係したシリーズ通しての謎や、特環内で展開する陰謀策謀渦巻くストーリーなんかは大好きなんですけどね…。いや、五郎丸支部長代理、今回もやってくれたぜ。今後の妖怪魅車女史との対決に目が離せない(笑


・シリーズ感想
ムシウタ

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

■ディバイデッド・フロントII 僕らが戦う、その理由(高瀬彼方)

2004.06.02 18:49|感想
ディバイデッド・フロント(2) 僕らが戦う、その理由 (スニーカー文庫)ディバイデッド・フロント(2) 僕らが戦う、その理由 (スニーカー文庫)
(2004/04/28)
高瀬 彼方

商品詳細を見る

 隔離戦区で明日なき戦いに身を投じる少年少女たちの物語り、第2弾。
 相変わらず笑いとシリアスのバランスが絶妙で楽しませてくれます。いや今回も燃えた燃えた。前半、香奈の一人ラブコメ(?)も、終始ニヤケっぱなしで楽しませてもらいましたけど、やはり見所は後半の怒涛の展開。各キャラクターの一人称で語られる心理描写を上手にく使ったストーリー構成はホントに秀逸で、物語りに引き込む力は抜群です。いや、この作品における戦闘シーンは、それはそれで面白いんだけど、やはりメインはそこで戦うキャラクターたちの想いの描写。生き様を見よ、ってな感じで本当に燃えます。

 また、挿絵の入れ方も非常に上手く出来ていましたねー。芹沢曹長への敬礼、生駒隊長の後姿、そしてラストのキスシーン…と、ハッキリ言って、見るだけでネタバレになる可能性・大という感じですが、効果は絶大。

 今回はまだ2巻だといのにかなりストーリーが急転しましたたから、続きが楽しみで仕方ないですね。や、むしろこの1、2巻がプロローグで、イコマ小隊が本当に大変なのはこれから?


・シリーズ感想
ディバイデッド・フロント

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学