09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■2017-9月 ラノベ/漫画 読了

2017.09.30 23:29|感想

シャーロック・ホームズ対伊藤博文 (講談社文庫) 著:松岡圭祐
●とにかくまず、子供の頃読んでいたホームズの冒険を今また楽しめている、そんな気持ちにさせてもらえたことが嬉しくそれに尽きる。大津事件とロシアの策謀、維新後の日本に迫った戦争の危機にホームズと伊藤が挑むという、史実と創作の絶妙な融合が生み出す快作。


明治ガールズ 富岡製糸場で青春を 著:藤井清美
●実在の人物をモデルに描かれた明治、富岡製糸工場で働くお嬢さん方の物語。サブタイに青春と銘打っているだけあって、大変な仕事だけでなく恋や将来に悩んだり、ギスギスした雰囲気になったりしても、基本生真面目な少女たちの真っ直ぐな青春劇は眩しいな。主人公、英さんの成長が光る。


ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンXII (電撃文庫) 著:宇野朴人



のんのんびより 10巻 (MFコミックス アライブシリーズ) 著あっと
●いろいろやってきているはずなのに、そういえば授業参観はまだ無かったなあ、とか、女の子ばかりの話なのに雛祭りもまだやってなかったとか、ネタが尽きない。奔放な子供達と比べて大人たち(このみちゃんも)がしっかりしてるから相変わらず締まる話になっていてさすが。小鞠ちゃんのカレーの話はこの作品でもなかなかない良い話だったなぁ。そして雪子さん、やはり良い人妻キャラだ・・・。


のんのんびより 11巻 (MFコミックス アライブシリーズ) 著:あっと
●変わらない作品と思いきやここに来て新キャラ投入とは。このみちゃんと部活の話でまた違った広がり。そして回想でまだまだキャラ掘り下げができる自由さがたまらない。


進撃の巨人(23) (週刊少年マガジンコミックス) 著:諫山創


51G.jpg
欲負け妻の淫乱本性 (真激COMICS) 著:シロノマヒロ
●表題の人妻さん、スワッピングから本気浮気へというのは王道。裏切りと背徳の気持ちよさを上手く絡めているかな。ほか、部下が上司の奥さんを寝とるパターンなど良い寝盗り感。
 

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

■2017-8月 ラノベ/漫画 読了

2017.08.31 22:49|感想

まことの華姫 著者:畠中恵
●江戸時代の芸人、人形遣いという立場から謎解きをという設定の新鮮味。まあ謎解きというより人情からの小話的内容。主人公月草の不憫さが際立つけど周りの人達の優しさに救いがあって楽しめた。華姫の不思議な魅力。


雑賀の女鉄砲撃ち (文芸書) 著者:佐藤恵秋
●戦国時代の西部劇みたいな話なのかと思ったら、長篠の戦いから太田城水攻め、最後は大阪の陣まで描いた大河的時代物だった。火縄銃の早撃ちはロマンがある。淡々とした描写だけど撃ち合い合戦は映像で見てみたいようなアクションだった。


ファイア・サイン 女性消防士・高柳蘭の奮闘 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) 著者:佐藤青南
●この消防女子シリーズ、新しいの出てたんだ、と思ったら二作目「灰と話す男」の文庫版だった。でも覚えてなかったもんでまた楽しく読んでしまったw いや、収れんやダクト侵入とか似たようなネタだな?と思いつつ読んでいたんだけど、そりゃ同じ話だったならなあ。でも面白いから良かったわけで。


メイドインアビス 2 (バンブーコミックス) 著者:つくしあきひと
●いよいよ冒険の始まり。最初のピンチで甘くないところを見せ、レグの切り札で切り抜けるも使用による欠点の伏線を張ったり。よくあるご都合主義武器になってないのが上手い。危うい白笛、オーゼンの登場も、実はリコの母親の師匠であり戦友とも言える仲で、厳しい洗礼はアビスという地獄ならでは。衝撃のリコ誕生のエピソードやレグが時折思い出す記憶など、謎の伏線も多くて話のすみずみまで油断できない。


ゲート 9―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS) 著:柳内 たくみ, 竿尾悟


ゲート 10―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS) 著:柳内 たくみ, 竿尾悟


明日もきっと想うひと (メガストアコミックス)
●雑誌掲載で読んだ「11月11日」が良くて覚えていた作家さん。初期の作品はベタだけど、最新の方は結構フェチなシチュも良くて、靴下とかイトコと浮気とか、ライトな背徳感覚もあっていい感じ。
 

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

■2017-7月 ラノベ/漫画 読了

2017.07.31 20:05|感想

薫風のカノン 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート3 著:福田和代
●やっぱこういう腐れ縁系恋愛ものは好きだなー、微笑ましさからくるニヤニヤの破壊力がねw 一応自衛隊位員なのに学生みたいなやりとりしてるのはベタすぎな感じもするけど、悪くない。


あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 (時代小説文庫) 著:高田郁
●上げて落とす。幸に惣次の子ができないところから、円満な方向へはいかないだろうなということが予想できてしまうのがなんとも。真っ当な金儲けと人情はやはりセットなんだよなあ、と。波乱は続く。幸の故郷がチラっと出るのは今後の伏線かな。


メイドインアビス(1) (バンブーコミックス) 著:つくしあきひと
●丁度アニメ3話までの内容。この絵柄とキャラでシビアな冒険モノに挑戦しているというのがほんと凄い。セリフでじっくり設定を読み込めるのも楽しい。良質ファンタジーですね。


新米姉妹のふたりごはん3 (電撃コミックスNEXT) 著:柊ゆたか
●サチお姉ちゃんの精神年齢が下がっていくなあ(笑)。反面、ジビエの調理にも精通しているあやりの無敵感も上がっていく。叔母さんの登場だったり絵梨ちゃんの憂い顔があったり、人間関係もちょいちょい膨らんできてますね。


夢見ル乙女 (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL) 著:愛上陸
●女学生寝取られは割と定番の外道もので可もなく不可もなくエロい。恋人寝取らせ展開のやつのほうが背徳感的にはやはり上。


ツマネタイズ (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL) 著:ゆにおし
●作者的には一押しじゃないようだけど、表題作にもなってるツマネタイズが一番寝盗りの王道で楽しい。秘書さんの強気キャラが落ちるパターンも定番だけどエロくていい。表紙を飾っている金髪人妻さんはちょっと簡単すぎたw
 

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

■2017-6月 ラノベ/漫画 読了

2017.06.30 19:19|感想

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア(8) (ガンガンコミックスJOKER) 著: 大森藤ノ, 矢樹貴
●ダンジョンでの戦いを少し離れて、ベル君&レフィーヤ、アイズによる特訓回。なんとなく絵柄からもほのぼのした感じの巻だったけど、こういうキャラクター間の繋がりや積み重ねが今後に活きる繋ぎだった。


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア(9) (ガンガンコミックスJOKER) 著: 大森藤ノ, 矢樹貴
●ベルくんのミノタウロス戦に遭遇しつつ、ロキファミリア一行はダンジョン深層への攻略を開始。圧倒的な実力者であることを散々描写してきただけに、その彼らを持ってしても簡単には進ませないダンジョンの凄まじさが恐ろしい。それでもまだこれが前哨戦であることが感じられるこの引きズルさよw スピード感と迫力の描写が相変わらず抜群。正直アニメのほうより動いている気がするものな(笑)。

151.jpg
ネトラレ×家族計画 フジミコミックス (富士美コミックス) 著:藤原俊一

251LH.jpg
住民全員妊娠希望!? 女子寮管理人 (MUJIN COMICS) 著:奈塚Q弥

361yn2.jpg
全身寝取り快楽 (エンジェル出版)  著:奈塚Q弥
 

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

■2017-5月 ラノベ/漫画 読了

2017.05.31 22:29|感想

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? (2) (角川スニーカー文庫) 著:枯野瑛


終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? 01<終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?> (コミックアライブ) 著:枯野瑛 , ue (イラスト)


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア(7) (ガンガンコミックスJOKER) 著: 大森藤ノ, 矢樹貴
●高レベルな1級冒険者たちによる壮絶な死闘。ベルくんたちが戦ってる本編の戦闘が霞むような、というか超人同士のバトルが激しすぎて桁が違う(笑)。そんな激しい戦いの中で倒れていくヘルメスファミリアの面々と、冒険者の死に直面したことで成長するレフィーヤ。いくら絶望的とはいえここまで派手に死んでいくキャラが多いとはこの漫画では以外だったなあ。そういう描写が本編ではほとんどないからね。アイズと赤髪、そこにベートの意地の一撃も加わって、全キャラに見せ場がある展開は本当に燃える。


ディメンション W 10巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックスSUPER) 著:岩原裕二


はるかなレシーブ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 著:如意自在

iiu8u.jpg
ラブトライクEZR (メガストアコミックス) 著:椋蔵
●寝取られの体裁を取っているけどギャグのノリだから笑っちまうというパターン。ヒロインの娘も結局ヤられて喜んじゃうビッチ系だし。いや、こういうの好きだけどね(笑)。
 

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学