箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■2020-11月 小説・ラノベ/漫画 読了   

aimaicrisis.jpg
あしたの華姫 著:畠中恵
●山越親分の跡目争いになんだかんだと巻き込まれる月草と華姫。親分稼業も楽じゃないねぇ。とはいえ大騒動にならないくらいのエピソードで収まるボリュームで読みやすい。ただもうちょっと、あっと思わせるような華姫の活躍が欲しいところかな。

aimaicrisis.jpg
歌舞伎座の怪紳士 (文芸書) 著:近藤史恵
●タイトルからして怪しげなストーリーが展開するのかと思ったら全然違った。ひとりの女性が歌舞伎の観劇を前向きに進んで行く切っ掛けに出来たことと、劇場で偶然出会う不思議な老紳士の正体を巡るお話。歌舞伎、オペラ、演劇の内容とちょっとずつリンクさせ、物語の力で人を、心を動かすお話は、優しくも力がある。

aimaicrisis.jpg
亜人ちゃんは語りたい(9) (ヤンマガKCスペシャル) 著:ペトス


aimaicrisis.jpg
ギャルごはん 8 (ヤングアニマルコミックス) 著:太陽まりい


aimaicrisis.jpg
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア(15) (ガンガンコミックスJOKER) 著:大森藤ノ,矢樹貴


aimaicrisis.jpg
あそびあそばせ 10 (ヤングアニマルコミックス) 著:涼川 りん


aimaicrisis.jpg
ソウナンですか?(7) (ヤンマガKCスペシャル) 著:さがら 梨々


aimaicrisis.jpg
放課後ていぼう日誌(5) (ヤングチャンピオン烈コミックス) 著:小坂泰之


aimaicrisis.jpg
マナさんと母屋を離れて… (エンジェルコミックス) 著:彩画堂


aimaicrisis.jpg
従姉と子作りさせられて… マナさんと母屋を離れて…(2) (エンジェルコミックス) 著:彩画堂

Posted on 2020/11/30 Mon. 22:53 [edit]

category: 感想

thread: 読書記録 - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

■2020-10月 小説・ラノベ/漫画 読了  

aimaicrisis.jpg
あきない世傳 金と銀(八) 瀑布篇 (時代小説文庫) 著:高田郁
●小紋染めの開発で商いそのものは順調でも、麻疹やら後継者問題やら結さんの恋心やらで何かと大変な展開に。特に結の行方についてはなんだか予想外の大事になって、そこまで引っ張る展開なのかと少し驚き。まあ、何か企む輩がいていろいろ裏がありそうだが、幸の倍返しでもあるんだろうか。

aimaicrisis.jpg
とろとろ卵がゆ 居酒屋ぜんや (ハルキ文庫 さ) 著:坂井希久子
●シリーズの始まった頃と比べて只次郎が頼もしくなったこと。反対にお妙さんもどんどん可愛らしくなったこと。火事というまさかの事件で驚きの展開になったものの、これまで積み重ねてきた、ぜんやに通うファンたちの支えが温かい。お志乃さんの成長っぷりに嬉しくなる。この一難からどんな立ち上がりを見せてくれるのか次が楽しみ。

aimaicrisis.jpg
国道食堂 1st season (文芸書)  著:小路幸也
●国道沿いの食堂にいろんな人が、いろんな縁で集まっていくショートエピソードの連作小説。1st seasonとあって物語は途中なんだけど、個人的にはこれだけでも良いなぁ、と。全部が明らかにならなくてもいいんです。これだけいろいろなキャラが出てくると、想像で楽しめる余白があるぐらいのほうが、窮屈にならなくていい。ああ、カレー食べたい。

aimaicrisis.jpg
放課後ていぼう日誌 3 (ヤングチャンピオン烈コミックス) 著:小坂泰之


aimaicrisis.jpg
放課後ていぼう日誌(4) (ヤングチャンピオン烈コミックス) 著:小坂泰之


aimaicrisis.jpg
罠ガール(5) (電撃コミックスNEXT) 著:緑山 のぶひろ


aimaicrisis.jpg
新米姉妹のふたりごはん 8 (電撃コミックスNEXT) 著:柊 ゆたか


aimaicrisis.jpg
Aランク冒険者のスローライフ(2) (モンスターコミックス) 著:蕨野 くげ子,錬金王,加藤いつわ,葉山えいし


aimaicrisis.jpg
じょしラク! ~2Years Later~ (2) (GOT COMICS) 著:DISTANCE

Posted on 2020/10/31 Sat. 13:58 [edit]

category: 感想

thread: 読書記録 - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

■2020-9月 小説・ラノベ/漫画 読了  

aimaicrisis.jpg
大江戸科学捜査 八丁掘のおゆう 北からの黒船 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) 著:山本巧次
●江戸に密入国したロシア人の謎。スパイものみたいな結末で何が書きたかったのかは分かるけど、お話としては盛り上がりに欠けた。ロシア人の謎と抜け荷や詐欺の関係が、読んでいても割とどうでもいい話だったからなぁ。おゆうさんはもっとハッタリ利かせて活躍するぐらいして欲しいよね。

aimaicrisis.jpg
シャーリー・ホームズとバスカヴィル家の狗 著:高殿円
●原作のバスカヴィルを思い出しつつ、沿った部分と捻った部分の交差を楽しむ。畳み掛けるようなラストのまとめ方は強引すぎるくらいでも面白い。シャーリー、ジョー二人とも尊いかよ・・・。あ、どうでもいいけど”ボスコムの魔女”が2時間ラリってる動画は見てみたい(笑

aimaicrisis.jpg
東京ホロウアウト 著:福田和代
●簡単な情報拡散で実際に買い占め、品薄状態が実際に起こった昨今の時勢と合わせて、読んでいる途中はなんとも陰鬱な気持ちになった。それはともかく過密都市東京の弱点を突く物流テロを描くパニックもの。ドライバーたちによる活躍というエンタメ感以上に考えさせられることも多い作品だった。

aimaicrisis.jpg
じんかん 著:今村翔吾
●新訳・松永久秀ともいうべき、新たな人物像で描かれる松永弾正の物語。こういうことがあったかもしれない、こういう考えをしていたかもしれない。歴史上の人物の、記録に残らない部分を想像することで生まれるキャラクターの面白さ。オリジナリティの活かし方が抜群に上手い。新しい戦国のドラマ、ロマンを存分に堪能できた。

aimaicrisis.jpg
ソウナンですか?(6) (ヤンマガKCスペシャル) 著:さがら 梨々


aimaicrisis.jpg
進撃の巨人(32) (講談社コミックス) 著:諫山 創


aimaicrisis.jpg
球詠 (8) (まんがタイムKR フォワードコミックス) 著:マウンテンプクイチ


aimaicrisis.jpg
あそびあそばせ 9 (ヤングアニマルコミックス) 著:涼川 りん


aimaicrisis.jpg
はるかなレシーブ (9) (まんがタイムKR フォワードコミックス) 著:如意自在


aimaicrisis.jpg
夏汁 ~汗にまみれてぐっちゃぐちゃ~ (富士美コミックス) 著:瀬奈陽太郎
●夏子さんとグレーテルの距離の取り方にエロ漫画らしからぬ面白さを感じる。リヒトくんのおかげでホームドラマのような雰囲気すら感じられるのが楽しかった。一方で母娘の譲れない感情から来るエロ描写も燃えるものがあって申し分なし。
 

Posted on 2020/09/30 Wed. 22:04 [edit]

category: 感想

thread: 読書記録 - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

■2020-8月 小説・ラノベ/漫画 読了   

aimaicrisis.jpg
巴里マカロンの謎 (創元推理文庫) 著:米澤 穂信
●久々に、このふたりのキャラクターは楽しめたけど、お話としては良い意味で割とどうでもいい内容というか、学園ものなのに軽めの毒があるあたりに米澤節を感じたりする連作短編。最後の最後に小山内さんの嬉しそうな姿が見れるのが読者へのご褒美。

aimaicrisis.jpg
大江戸少女カゲキ団(二) (ハルキ文庫 な 10-12) 著:中島要
●次の芝居のための準備と練習の巻、といえば良いが、身バレのせいで辞める辞めないだの、どうしようもないゴタゴタばかり気になる展開に面白さはない。時代背景的にそれが当然かもしれないが、もっと快活に芝居に取り組む描写があってこそでは。

aimaicrisis.jpg
魔法使いと副店長 (徳間文庫) 著:越谷オサム
●ちょっとファンタジーと、キャラクターの成長と、気持ちが暖かくなるお話は越谷作品の真骨頂という感じで。無駄なシーンが一つもないという構成で楽しませてもらえたなぁ。辛いことが、理不尽なことがあっても、まだまだ捨てたもんじゃない世の中であって欲しいと思わされる、頑張り屋の少女と人の良いおじさんのお話。

aimaicrisis.jpg
ふらいんぐうぃっち(9) (講談社コミックス) 著:石塚 千尋


aimaicrisis.jpg
空挺ドラゴンズ(2) (アフタヌーンKC) 著:桑原 太矩


aimaicrisis.jpg
イサック(7) (アフタヌーンKC) 著:真刈 信二,DOUBLEーS


aimaicrisis.jpg
軍靴のバルツァー 12 (BUNCH COMICS) 著:中島 三千恒


aimaicrisis.jpg
絶対きみとセックスするから。 (GOT COMICS) 著:多門結之

 

Posted on 2020/08/31 Mon. 23:36 [edit]

category: 感想

thread: 読書記録 - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

■2020-7月 小説・ラノベ/漫画 読了   

aimaicrisis.jpg
偽りの春 神倉駅前交番 狩野雷太の推理 著:降田天
●久々に面白い事件モノを読んだ。犯人視点から始まるストーリー。少しの違和感から事件を嗅ぎ取って、推理というよりかは、犯人のボロを見つけ出す会話劇が堪らない巧妙さ。決して珍しい作品ではないけれど、短編のシンプルさとひと捻りあるオチなどで楽しませてくれた。ただ個人的には「見知らぬ親友」が、狩野さんの出番が少なけれどお話的には凄く好き。

aimaicrisis.jpg
留萌本線、最後の事件 トンネルの向こうは真っ白 (ハヤカワ文庫JA) 著:山本巧次
●廃線が決まった北海道のローカル線、そこで起きる電車ハイジャック事件。ローカル線利用者の減少や道路建設との兼ね合い、政治家の地元利権や談合、様々な背景・問題を描きつつも、犯人たちの思惑は分かりやすい部分へ収束していくので、読みやすく面白かった。事件の緊迫感はほとんどないものの、犯人たちの計画、警察の対応・捜査とそれぞれにドラマがあってテンポよく無駄がない。哀愁ある表紙そのままのラストが何とも切ない。

aimaicrisis.jpg
花唄の頃へ くらまし屋稼業 (時代小説文庫) 著:今村翔吾
●今回は晦ましミッションそのものよりも、炙り屋・万木迅十郎との対決とキャラの深堀りが印象的。裏稼業に生きるものたちの掟と信念が描かれる。迅十郎のライバルキャラとしての立ち位置が、単なる敵役以上のものになってきてこの先の関わり方が楽しみ。

aimaicrisis.jpg
放課後ていぼう日誌(1)(ヤングチャンピオン・コミックス) 著:小坂 泰之
●釣りの楽しさを知る女子高生。初心者へのまずは導入という感じで分かりやすい。これも青春よね。釣るだけでなく食べるところまで描写するというがやはり好感が持てる。そして部長はやっぱりJKに見えないんだよなあ(笑

aimaicrisis.jpg
放課後ていぼう日誌(2)(ヤングチャンピオン・コミックス) 著:小坂 泰之
●ほのぼのアウトドアという感じで、まだまだ初心者向けの展開だけどキャラの掘り下げともどもゆっくり丁寧な進み方に安心する。タコで失神していた陽渚が小魚を捌くまでの成長も見られるし、自然を相手にただ遊んでいるだけでないというのがちゃんと伝わるのが良い。海の危険性等にも触れていくしね。

aimaicrisis.jpg
薬屋のひとりごと (6) (ビッグガンガンコミックス) 著:日向夏,ねこクラゲ,七緒一綺,しのとうこ


aimaicrisis.jpg
空挺ドラゴンズ(1) (アフタヌーンKC) 著:桑原太矩


aimaicrisis.jpg
ギャルごはん 7 (ヤングアニマルコミックス) 著:太陽まりい


aimaicrisis.jpg
コイワズライ (セラフィンコミックス) 著:稲戸せれれ

Posted on 2020/07/31 Fri. 20:11 [edit]

category: 感想

thread: 読書記録 - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

プロフィール

Twitter...

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top